「ウナ」「キャベジン」「ケロちゃん」など医薬品で有名なコーワが作ったフィルムカメラ「KOWA SIX」を使ってみよう♪

「ウナ」「キャベジン」「ケロちゃん」など医薬品で有名なコーワが作ったフィルムカメラ「KOWA SIX」を使ってみよう♪

    

Floating Market_08

■ KOWA SIX 85㎜f2.8

     

Naga
こんにちは、Nagaです。
Mado
Madoです(/・ω・)/
Naga
ケロちゃんでお馴染みのコーワがフィルムカメラを作っていたって知ってる???
今回は”コーワシックス”を取り上げてみたいと思います!

     

「KOWA SIX」は50年以上前のカメラなんです♪

   

    

中判の6×6フォーマットカメラ(ましかく写真が撮れる)といえばハッセルブラッド シリーズ (スウェーデン)やゼンザブロニカシリーズ(日本)が有名ですが、実はコーワもカメラを作っていたんです!

発売は東京オリンピック(1964年)直後の1968年。今からなんと51年前もに発売されたカメラなんですね~!

レンズは描写にも定評のある「プロミナー」。標準レンズには85mm f2.8が採用されています。ボケも綺麗でとても使いやすいレンズです。ちなみに「プロミナーブランド」は双眼鏡やデジカメの交換用レンズなど、実は現在も商品が作られているんですよ!

    

コンパクトで使いやすい「KOWA SIX」♪

 

この「KOWA SIX」は中判カメラの中では比較的コンパクトにまとめられています。詳細のスペックは下記となります。

・ 対応フィルム:120フィルム、220フィルム

・シャッター:B、1秒~1/500秒(レンズシャッター、機械式)

・標準レンズ:プロミナー85mm f2.8

・露出計:搭載なし

・電池:不要

・サイズ:約138×120 × 152

・重さ:約1.7kg

昔のカメラは金属とガラスの塊ですので、少々重いのは仕方がないのですが、各部の質感は素晴らしく高級感が漂っています。レンズ部にはクロームメッキが施されており、美しく仕上がっています。カメラの操作もわかりやすく、使っていてとても楽しいカメラです♪

   

上から見る「ウエストレベルファインダー」がとっても楽しい ♪

   

   

この「コーワシックス」は二眼レフカメラのように上からファインダーを覗くタイプです。同じ種類のカメラを3個並べてみましたが、どれも上部がパカッと開いて上からファインダーを見る事ができます。

どちらかというとカメラが縦に長いため、安定して持つことができるのも特徴です。明るいスクリーンを見て撮影する所作はとても味わい深く、今のデジタルカメラでは味わえません。

   

   

ファインダーを囲うフードも内蔵されていますので、明るく光が強すぎる場所でもファインダーが見えなくて撮影ができない・・・、という事もありません。これは便利です♪

さらに、撮影終了後はファインダー部をパタッと畳むことができますので持ち運びも非常に楽ちんです!

   

メンテナンスも簡単!定期的にメンテナンスを行いましょう♪

   

KOWA SIX_02

    

「コーワシックス」は本体、レンズ、裏蓋、スクリーン、ファインダーが簡単にバラせます。機械式のカメラは使い込むと細かい汚れが蓄積されてきますので、定期的に分解・清掃を行いましょう!

   

KOWA SIX_04

   

少し知識のある方でしたら側面の蓋も外すことができますので、ギアに詰まったゴミも取り除いてあげましょう!ただし、無理のない範囲で行ってください。

   

「KOWA SIX」は街歩きや海外撮影でも大活躍♪自然なカットが撮影できます!!!

   

KOWASIX_03
2015_Thailand_KOWASIX_5
2015_Thailand_KOWASIX_3

   

露出計が搭載されていないのが唯一の弱点ですが、それ以外はとっても撮影が楽しくなるカメラです。ウエストレベルファインダーを使ってドンドン撮影を楽しみましょう♪

10年ほど前までは市場でもなかなか出回らないレア品だったのですが、2019年現在では比較的中古店でも見かけるようになりました。ハッセルブラッドとは異なる中判一眼レフカメラ「コーワシックス」をご堪能ください!

    

 今回のイチオシ♪ 
   ・KOWA PROMINAR 

   

Naga
今度、ウエストレベルカメラで一緒に撮影しよう~♪
Mado
はい~!(/・ω・)/