カメラを持って5日間でインド(デリー、アグラ、バラナシ)を回ろう♪

カメラを持って5日間でインド(デリー、アグラ、バラナシ)を回ろう♪
2012_INDIA_16

■ リコー GR-21(21mm ,f3.5)  ※フィルムカメラ使用

■ リコー MZ-S + PENTAX FA LIMITED 43mm f1.9 ※フィルムカメラ使用

Naga
こんにちは、Nagaです。
Mado
Madoです(/・ω・)/
Naga
旅行好きなら一度は行きたい「インド」を取り上げてみたいと思います!

   

カレー、ヨガ、ガンジス川でお馴染みのインドへ行ってみよう!!

    

2012_INDIA_03

   

インドは面白そうだな~と、思っていたのですが、なかなか行く機会がないんですよね。。。そんな中、カメラ仲間4人と意見がまとまり本当にインドへ行くこととなりましたぁ~!! メインどころが網羅されている「デリー(首都)」、「アグラ(タージマハール)」、「バラナシ(ガンジス川)」を5日間で回るプランを申し込みました。

ちなみにインドは人口が13億人!世界第2位の人口を擁する巨大国家なんです。国土も日本の8倍以上!めちゃくちゃ広く大きな国なんです。

さらに調べていくと、公用語はヒンディー語ですが、公認されている言語が21もあるんだそうです。そのため、紙幣には17の言語が入っているんだそうです!!! これだけでも日本とは全く異なる国なんだな、、ということが伝わりますよね^^

   

インドへ行くためには色々と準備が必要なんです!

   

インドへ行くことが決まったらビザが必要になるんです!旅行会社や代行会社へ依頼することもできますが、その場合は1~2万円ほどかかってします。

しかし、青山にあるインド大使館へ行って自分で申請すると2千円ほどでつくることができるのでお勧めです。

   

薬もいくつか用意しておいたほうがいいでしょう。アジアは水回りが怖いため、正露丸などお腹周りに効く薬がオススメです。衛生面が気になる方はティッシュを多めに持って行ったりウエットティッシュがあっても便利ですね。

日差しが強いのも特徴ですので、帽子やサングラスなど日差しを遮るグッズも忘れずに持っていきましょう♪

   

日本からは直行便が便利です。約8時間で到着します♪

  

2012_INDIA_20

  

できれば直行便を使いたかったのですが、、、予算の都合で上海経由の便で向かいました。でもせっかくなので上海で少し観光をしてからインドへ向かいました♪上海は本当に大都会でスケールの大きさに驚いてしまいました。

  

     

その後、無事にインドへ到着!まずはデリーの観光から!

      

インドに到着後は専属のガイドさん(インド人男性)がすべて同行してくれるという嬉しいプラン。空港で両替を済ませてホテルへ向かい、その後、デリーの観光へ向かいました。

インドではバスや電車、リキシャなどに乗りましたが、下記のオートリキシャが特に印象に残っています。小型の車、というよりはバイクに座席を付けた、というほうがわかりやすいかもしれません。

      

   

タイヤが小さいのと、インドの道路は舗装されていない場所多いため、乗り心地は決して良くありません。ですが、暑いインドで風を感じながら現地の方々と同じような目線で街を見ながら移動できる、というシチュエーションはとても素晴らしかったです♪

    

   

インドの建物はタージ・マハールのみ!と思い込んでいる方も少なくないかと思いますが、意外とお城や宮殿などが今でも多く存在しているんです。

↓こちらはフマーユーン廟(びょう)と呼ばれるお墓です。世界遺産にも登録されています。

ムガール帝国の第二代皇帝「フマーユーン」のお墓です。インド内にあるイスラム建築の中でもトップクラスに美しいとされており、タージ・マハールにも影響を与えたと言われています。

 

    

↓こちらはクタブ・ミナーと呼ばれる高さ73mの記念碑です。1200年ころに作られ、1993年に世界遺産に登録されました。ヒンドゥー様式とイスラム様式が混在した珍しい様式となっています。

   

奥には彫刻の細かい遺跡が沢山あり、見応えがありました。

日陰も多いので、休憩にも丁度良かったです。

 

  

↓こちらはデリーの中心にある通り「ラージ・パト通り」の東の端にある「インド門(慰霊碑)」です。イギリス人建築家「エドウィン・ラッチェンス」によって作られました。高さ43mのアーチには第一次大戦で亡くなったインド人の兵士の名前が刻まれています。

  

   

このあたりは広場が多く、屋台もたくさん出ていました。日本の代々木公園や皇居当たりのようなイメージでしょうか。

   

   

インドのデリーではビルが多い反面、緑も多く公園で遊んでいる子供たちも良く見かけました。男の子がクリケットに夢中になっていたのが印象的でした。アグラ、バラナシのお話はまた次回にいたしますのでお楽しみに♪

是非、次の連休は建築も楽しめる「インド」へ行ってみましょう^^

   

 今回のイチオシ♪ 
   ・インドの旅行 観光ガイド(地球の歩き方) 


    

Naga
いつかは一緒にインドへ行こうね!
Mado
行こう!行こう~!(/・ω・)/